議員活動

保健福祉委員会で質問しました!

2015.11.04Wed

『地方公営企業法の全部適用』というものがあります。これを道立病院に適用させれば、院長の上に事業管理者が置かれ、職員の採用や勤務条件の設定等、柔軟な経営が可能となります。プロ野球で言えば、院長がチームの監督なら、事業管理者はGMといったところで しょうか。6つの道立病院で累積欠損金が522億円ものぼるなか、新たな手を打つ必要があると私は考えます。...

北方領土対策委員会で質問しました!

2015.10.01Thu

9月21日に日ロ外相会談、同月28日に首脳会談が行われました。昨今 の日ロ関係は、ロシア側が領土問題の存在を明確に否定する発言をする等、特に領土交渉の面で停滞しています。直接交渉に関わることはできませんが、北方領土を行政区域として抱える道も、厳しい中でもできることをやるしかありません。 また、今のような状況に至っても、まだ「四島一括」を訴えるのであれば、あまりにお粗末です。 それらについての道の見...

保健福祉委員会で質問しました!

2015.10.01Thu

小児慢性特定疾病という、子どもがかかる難病の中で国の指定がなされているものは704あります。この中で、成人以後も医療費の助成がなされる疾病は364。つまり、340疾病の患者さんが、成人以後の助成を受けられない状況が今も続いております。厚生労働省関連の有識者検討会議が、全ての患者さんが、成人後も助成を受けら れるようにすべきとの方針を出しました。道としても、できることをしっかりやって戴きたいものです。

予算特別委員会で農政部に対して質問しました!

2015.09.28Mon

質問した時点ではまだ交渉がまとまっていないという前提でしたが、合意される前から、道として様々な内容を想定し、準備をすべきでないかと質問しました。

予算特別委員会で建設部に対して質問をしました!

2015.09.25Fri

9月初めの関東・東北地方を襲った豪雨を教訓とした道の取り組み、インフラ長寿命化計画、耐震化診断、そして公共事業が地域に果たす重要な役割について、進捗状況、基本的見解などを問いました。道内の建設関係の方々が最も頭を悩ませているのは、やはり予算の安定的確保がなされるか否か、見通しが立たな い点です。道の予算は限られていますが、道内経済を守るためにも、この不安を解消することが何より大切です。

予算特別委員会で水産林務部に対して質問しました

2015.09.25Fri

ロシア国会で成立してしまったサケマス流し網漁業禁止法案。漁法を変えることによって操業を今後も続けられないか、道として東京に出向き、国に対して要請活動は行っていますが、この問題はロシアとの協議が求められます。ロシアとの強いパイプを持つ有力者に対しても力添えを要請すべきでないか、また道内国会議員に対しても全員にちゃんとアポを取って面会すべきではないかと、私なりの問題意識を道に質しました。 また、6月の...

予算特別委員会で質問をします!

2015.09.25Fri

道議会9月第三定例会予算特別委員会において、下記の日程の通り質問します。 ○9月25日・建設部 午前中の予定・水産林務部 午後からの予定○9月28日・農政部 午後からの予定 ※質問の様子は、インターネットでも中継されます。可能な方は、ぜひ下記URLからご覧ください。 http://www.gikai.pref.hokkaido.lg.jp/cyukei/ もちろん、傍聴して戴くことも可能です。その...

9月7日北方領土対策委員会で質問を行いました。

2015.09.07Mon

8月31日、今年最後の北方墓参団が歯舞群島に上陸できず、墓参を断念せざるを得ない事態が生じてしまいました。 報道ではその原因について触れられていますが、交渉に当たった外務省は何も明言せず、明確な説明を道に対してもしていません。 「今年が最後という思いで参加したのに」という、高齢化した元島民の方々の嘆きは、いか ばかりでしょうか。 来年以降、円滑に実施できるよう、外務省・政府にロシア側としっかり交渉...

9月7日、保健福祉委員会で質問を行いました。

2015.09.07Mon

外部有識者による平成26年度における道内6つの道立病院の経営改善に向けた取り組みに対する評価結果が出されました。 私の地元の羽幌病院は、患者確保などの点でも最も目標達成に届かなかったところです。しかしそれは、決して羽幌病院スタッフはじめ地域の方々の取組が不十分だったから、ということではありません。 産婦人科医も不在となり、整形外科医も近々不在となる等、地域の需要に応える態勢がなかなか構築できない事...

9月2日北方領土対策委員会で質問を行いました。

2015.09.02Wed

8月31日、一か月以上の拘束期間を経て、第十邦晃丸の皆様が無事解放されました。解放の経緯、再発防止に向けた今後の道の取り組みなどについて質しました。 また、8月28日に開催された北方領土返還要求東北・北海道国民大会における決議についても質しました。「北方四島の一括返還」の文言が使われていますが、果たしてそれが現実的に可能なのかどうか、可能ならば、道として今後何年のスパンでそれが実現すると考え てい...