道議選出馬にあたって

10月8日、留萌市役所3階記者クラブにおきまして記者会見を開き、 2015年4月12日に執行される道議会議員選挙に立候補させて戴くことを表明致しました。選挙区は留萌管内です。

 平成22年9月末より、新党大地鈴木宗男代表の後継として、2年2か月、衆議院議員を務めさせて戴きました。昨年は参議院選挙に立候補させて戴きました。

 国政に復帰して、北海道、日本国家のために働くことを目指して活動して参りましたが、この間、道内各地を歩く中で、他地域と比較して最も疲弊の度合いが濃い留萌管内の行く末に、家族と共にこの地域に暮らす者として、強い危機感を抱くようになりました。

 かけがえのないふるさと北海道、日本を良くし、未来の世代につなげていきたい。

 それには、自分の住んでいる地域を良くすることをまず考え、必要な政策を実行するべきではないのだろうか。

 国政だけでなく、もっと身近な道政の場でこそ、留萌管内を良くするための仕事ができるのではないのか。

 そう考え、留萌管内から道政を目指すことを決意した次第でございます。

 一昨年の衆議院選挙では、空知管内と留萌管内を合わせた北海道第10区から立候補させて戴きました。昨年の参院選では、全道各地を回らせて戴きました。

 浅野貴博を応援して下さったみなさま、私の想いを理解して下さり、これからも変わらず応援すると言って下さった空知はじめ道内各地、全国各地のみなさまに心から感謝を申し上げます。

 必ずや来たるべき闘いに勝利をし、ご恩返しをして参る、その覚悟で闘って参ります。

 政治不在の現状を変え、留萌市、増毛町、小平町、苫前町、羽幌町、初山別村、遠別町、天塩町からなう留萌管内を、活力と希望、愛郷心にあふれた地域、北海道、日本の源となれる地域へと発展させるため、私は闘って参ります。

 "るもい党公認"。この想いを胸に、誰よりも留萌管内に根差し、地域のために汗をかける政治家を目指します。

 浅野貴博の新たな挑戦に、どうぞご期待下さい。今後ともご指導のほど、宜しくお願い致します。

あさの貴博